::: 太魯閣国立公園 > 太魯閣の大自然 > 植物の生態
 | Printable version Printable version | 

合歓山に生息するニイタカビャクシンは常に強風にさらされるため幹が曲がりくねり斜面に這うように伸びています。
太魯閣国立公園は地勢の変化が大きく、地形が複雑で、水も豊富な自然環境の中に、砂浜、海岸林、離島の植生が見られるほか、垂直植生の分布もさまざまで、まさに台湾の植物生態系の縮図といえます。合歓山の圏谷地形の高山ツンドラや、清水地区の石灰岩乾性植生も生息していて、多数の希少植物や固有種が保存されています。
ニイタカビャクシンは高山を吹く風と雪によって盆栽のように形づくられます。
公園内の土地利用概況分析によると、森林被覆地が全体の75%を占め、その大部分が天然林です。優勢種の順にニイタカトドマツ林型、タイワンツガ林型、ヒノキ林型、マツ林型、ニイタカトウヒ林型、針葉•広葉樹混交林型、広葉樹林型に分けられ、そのうち広葉樹林型の占める面積が最も広くなっています。人工林は6%、草生地と疎生林の約13%は高山稜線や土壌の発育の悪い岩壁に分布しています。其の他、地質の脆い裸地が15%を占めます。国立公園内は全体に山が険しく、地質が特殊で人為的の活動が少ないため大部分の地域は自然のままの姿で残っています。
枯れたニイタカビャクシンの大木は枯れた後も数百年そこに凛とした姿で立ち続けています。合歓山の自然の厳しさを物語っているようです。
タカサゴユリは台湾固有種。海辺から標高3000メートルの高山にわたって広い範囲で、白い花びらに紅褐色の線が六本入った花を咲かせます。
ヒノキの仲間のニイタカビャクシンは厳しい自然に耐え長い年月をかけてゆっくり成長します。
top  
  • 今日の訪問者数:3955
  • トータルアクセス数:181988409
  • 最終更新日:2017/10/19
太魯閣国立公園管理処 Taroko National Park‧住所:  台湾花蓮県秀林郷富世村291号 郵便番号97253
勤務時間:上午 08:30 至下午 05:00    電話番号:886-3-8621100~6   ファックス:886-3-8621497
copyright(c) 2017 Taroko National Park. all right reserved.
Microsoft Internet Explorer 8 の 1024 × 768 のブラウザをご使用ください。
Accessiblity A+(新しいウインドウ)
2008 Taiwan's excellent site2009 Taiwan's excellent site2011 Taiwan's excellent site2012 Taiwan's excellent site2013 Taiwan's excellent site2016 Taiwan's excellent site