| Printable version Printable version | 
more news
タロコ国立公園では利用者の安全性向上のため、2017年6月5日より、燕子口遊歩道、砂卡礑遊歩道、長春祠エリアにて、道路脇の落下が予測される浮石や転石を除去作業を行います。それに伴い一部立ち入り規制を実施します。皆様には大変御迷惑をお掛けしますが、御理解と御協力をお願いします。
規制区域と作業期間は次の通りです。
1. 燕子口遊歩道:遊歩道東部分、「飛燕迎賓」から靳珩公園の区間。6月5日(月)から6月11日(日)の期間、08:00から17:00。作業期間...
白楊遊歩道一部封鎖のお知らせ[2017/05/03]
2017年5月15日通行規制のお知らせ[2017/05/16]
2017年5月通行規制のお知らせ[2017/05/03]
2017年4月通行規制のお知らせ 2017年4月6日[2017/04/12]
Hot View
more hot view
和仁礫灘
和仁礫灘
蘇花公路沿いの和仁の国立公園境界碑(168.6k地点)にビーチに下りていく遊歩道が整備されています。足元に敷き詰められた滑らかで海水に洗われてキラキラ光るカラフルな砂利石は海岸北側にある和仁渓が山から運んできた大理石と片摩岩の破片が、波に打ち上げられて堆積したもので、よく見ると様々な鉱石が混ざっていることがわかります。海岸に向かって右側にいくつもの洞窟があります。
清水断崖
清水断崖
台北方面から花蓮県に車で入ってくるには蘇花公路を通ります。蘇花公路は蘇澳と花蓮を結ぶ前兆133kmの臨海道路で、日本統治時代の1924年から14 年間かけて多くの犠牲者を出して完成した道です。当時は台湾の西部と東部を結ぶ唯一の陸上輸送ルートで、それ以前は物資の輸送はすべて海上ルートでおこなわれていました。戦後、それも1980年2月にようやく北廻り鉄道が開通するまでは、人も物資もここを行き来していたわけです。
祥徳寺ハイキングコース
祥徳寺ハイキングコース
天祥の少し手前、立霧渓の対岸の台地に古色蒼然とした寺院があります。仏教臨済宗の寺院で、1968年12月に完成しました。周囲を囲む山が九つの蓮の花に見えるということで「台湾の九華山」とよばれ、大勢の信徒が遠方から参拝や清掃、修繕奉仕にやってきます。ここからは天祥の段丘地形や渓谷を一望することができます。
:::
Quick Menu
地理と位置
ビジターセンター & 管理ステーション
景観スポット
日程の提案
アクセス
公園内宿泊施設
注意事項
  • 今日の訪問者数:2342
  • トータルアクセス数:181552626
  • 最終更新日:2017/06/22
太魯閣国立公園管理処 Taroko National Park‧住所:  台湾花蓮県秀林郷富世村291号 郵便番号97253
勤務時間:上午 08:30 至下午 05:00    電話番号:886-3-8621100~6   ファックス:886-3-8621497
copyright(c) 2017 Taroko National Park. all right reserved.
Microsoft Internet Explorer 8 の 1024 × 768 のブラウザをご使用ください。
Accessiblity A+(新しいウインドウ)
2008 Taiwan's excellent site2009 Taiwan's excellent site2011 Taiwan's excellent site2012 Taiwan's excellent site2013 Taiwan's excellent site2016 Taiwan's excellent site